体の悩み

HOME  悩み相談コーナー  体の悩み

友人が子どもを連れて泊まりで遊びにきた時に
友人(母親)が、子どもが眠くて嫌がってもしっかり仕上げ磨きをしていて驚き、聞いたら、
毎日の習慣、当たり前でしょと言っていました。

私は歯ブラシを持てるようになってから、自分が面倒な時は、さぼっていました
驚いて、小学1年生のの居る友人に聞いたら、「あーん」させて、チェックは毎日して、必要なときは親がしていると聞きました。

仕上げ磨きって何歳くらいまで必要なのですか?

3歳男児の母


仕上げ磨き

よく、お母様方から、お子様に対して何歳から歯を磨きを始めて、何歳まで仕上げ磨きをしたらいいんですか?と聞かれることがあります。

乳歯が生えたら、母乳摂取後や食後に歯の表面を拭いたり、歯を磨いてあげないとならないというのは、みなさんよくご存知だと思います。

だんだん成長するにつれて、お子様自身も歯ブラシの仕方が上達していきますが、いつまで親が仕上げ磨きをしてあげないといけないか、

となると個々の家庭での環境や子育て方針等によって、判断される事が多いように思われます。

ただ長年、お子様の歯科治療に携わり、多くの患者さんに接してますと経験上、小学校の中学年くらいまでは仕上磨きをされたほうが

いいように思います。その理由としましては、

・お子様が精神的にも肉体的にも成長する為、親が安心して油断してしまう。しかしまだ集中力に欠ける為、まかせっぱなしにすると、十分汚れが取れる前に歯ブラシタイムが終わってしまう。

・永久歯にどんどん生え変わる時期なので、汚れがたまりやすく歯ブラシが難しい時期である。

・自分の意思でいろんな物を食べたり飲んだりし始める。

・親が仕上げ磨きをしてると、子供のお口の中の変化(初期虫歯、歯茎の腫れ、永久歯の萌出等)に早く気がつきやすい。

・・・などがあります。

そして実際、何歳まで仕上げ磨きをすべきか、となると先に述べたような因子やお子様のお口の中の状態によりますので、

かかりつけの歯科医院をつくり、定期的な検診や指導を受けながら、先生や歯科衛生士さんに相談される事をお勧め致します。

回答 伊藤 総一郎 先生


 

[プロフィール]

伊藤 総一郎 先生

医療法人社団 いとう小児歯科クリニック 院長
日本小児歯科学会専門医

成長発育の途中にある小さな子どもたちにとって、
歯の病気の影響は、大人と全く比較にならないほど重大です。
乳歯のうちから、きちんと治療や検診を受けることが大切です。
「だれにも負けない丈夫な歯」を持たせたいと決意されたお母さんたちのために、
私たちは、小児歯科専門医としてお手伝いをしたいと考えております。

医療法人社団 いとう小児歯科クリニック
HPはこちら
札幌市南区澄川4条1丁目1番25号イマージュビル3F
TEL(011)813-4188
診療時間
【平日】AM9:00~AM11:30 PM1:00~PM6:00
【土曜】AM9:00~AM11:30
【休診日】日・祝